愛と喝采の日々

大人ってページは時にモノクロが滲んで

アイドリッシュセブン ファン感謝祭vol.2 〜キミともっと愛を語らないと!〜 レポ感想

自担(声優)が自担(アイドル)として歌って踊る初ステージという奇跡の瞬間を目撃するというだけでもしんどすぎて精一杯腹を括って観に行ったのにその程度の覚悟では全然ただではすみませんでした

 

ライビュではありましたが参加しました!現地はおろかライビュのチケットすら落選し絶望の淵に居た私に連番の救いの手を差し伸べてくれ、開演前30分くらいずっと映画館のロビーで無理無理言ったり緑の痛バにガン飛ばしたり、公演中もグェ…とかヒッ…とかとても声優イベントで聞く観客の声ではない悲鳴を終始あげ続ける情緒不安定な私に付き合ってくれた友人には感謝しかありません。ちょうど2年ほど前私にアイナナを布教してくれたのも彼女でした。彼女がいなければ私は白井さんと出会うことも無かったでしょう。本当にありがとう…
推しに見られる心配が無いから心置きなく醜い姿でえずいてもんどり打っていられるのがライビュの良いところではありますね。約2時間ほぼずっと歯を食いしばってしゃもじライト握り締めて変な脂汗を垂れ流していました。文字に起こすとなんか拷問にでも遭ってきたみたいになっちゃったけどちゃんと楽しかった!!!!楽しかったよ!!!!!!!!

前回もめっちゃくちゃ楽しかったのでその分今回に対してはかなり期待が大きくなりすぎちゃってる気がして、開演5分前くらいに前より楽しめなかったらどうしよう…とか、推しの作画が前よりも好みじゃなかったらどうしよう…とか一気に不安になってしまってネガティブな意味での死にそうピークだったんですけど(イベントあるあるですよね。ですよね?)、始まってしまえばあっという間で、ああそうだ、この人はこうしていつも私の期待をいい意味で裏切って、私の不安を軽々飛び越えて、私が想像もつかなかったようなことをやってのけてくれるから、こんなにも好きなんだなっていう大事な大事なことを思い出させてくれました。
いや作画もね〜〜!?!?前があまりにも最高クオリティだったから心配してしまったけど杞憂も杞憂でしたね!!!!前回もだったけど大和さんらしい色味やテイストを取り入れつつも白井さんご自身は普段あまり着ない感じで新鮮な衣装と、だんだん再現度が高くなってきた髪型が本当にめっちゃ似合っててかっこよくて素敵で素晴らしすぎるのでスタイリストさんとメイクさんに感謝の意を込めていくらか包ませて頂きたい…あんたら天才だよほんとに… あと衣装に関しては柔らかめの素材のロング丈のアウターやフリンジ?タッセル?のアクセサリーや背中に結んだベルトがせわしなく跳ね駆け動き回る白井さんにはヒラヒラととてもよく映えることを発見したのノーベル賞受賞待った無しでしょマジで 白井さんご自身も多分今日のために髪伸ばしてたでしょ〜〜!?!?なんで切らないのかな〜〜って思ってたんだよ〜〜!!!!特に言及されなかったから勝手な憶測の域を出ないけど万が一本当にそうだったらそれをあえて言わないところが白井さんらしくていいよね 自前のノンフレームの眼鏡ももちろん似合ってるよ〜〜!!!!夢100個で雷の真似やってふっ飛ばして歪ませて以来見る機会減っちゃって寂しかったけど最近また時々かけてくれるようになりましたね

 

 


ここからはだいたい白井さん(と増田さん)についてのコーナー別レポもどき

 

・オープニング
増田さんMC
増田俊樹氏の顔面の美しさにしょっぱなカウンター食らった直後に上記神作画の自担を出して来ないでください 堪え性のないオタクはイベント開始早々死んでしまいます
「ナギ以外全員ナギ」とかいうトチ狂った自己紹介に登場直前ゴーサイン出す自担頭がおかしい(褒めてます)

 

トーク
代永さんMC どうやら今回からMCをローテ制にしたようです。
安定のコーラ!赤キャップ!
3つの長机に下手から番号順で2人、1人、2人で座ってたので必然的に増田さんと隣席で、ライビュカメラにも2人並んで抜かれることが多かったのでありがたい限り… やはりこの2人と言えば防衛部が印象的ですが役柄の違いか他のキャストの違いかまたなんか違って見えてよき
登場人物についてと楽曲について事前アンケートを元にトーク
兄弟にしたい、一緒にバーベキューしたい登場人物は?三月と陸に「お金をあげたい…」って言ってた江口さん。めっちゃ気持ちわかるぞ 大和さん一緒にバーベキュー行っても何もしないんじゃないですか?の問いに白井さん「一度飲み交わしてみたい、晩酌に付き合って欲しい」自分晩酌しないんじゃ…
清涼飲料水のCMに使われてそう、秋に似合う楽曲は?増田さんがポ○リスエットとか○ッチとか具体例を挙げるたびに「あ〜〜わかる!」「いいとこ突くね!」って大きくリアクションする白井さん 選ぶ登場人物数も曲数も多いせいで何かとカブる白井さん代永さん どういうイメージか再現して!と言われ席を立ち走り回りながらRe:valeの曲を歌いだす白井さん 原曲よりクセがすごい 白井さん「グッナーーーーーーーイ!!!!(大声)」増田さん「飛び起きるわ!!!!」兄上の結婚式のお色直し時BGMにリスポが使われていたのにびっくりした白井さん 秀行お兄さま結婚おめでとう〜〜!!!!

 

・朗読劇
江口さんMC
やっぱり腐っても(?)声優さんなので、お芝居をしている姿がいっっっっっちばん輝いて見えるし、贔屓目かもしれないけど二階堂大和役を演じている時の白井さんがひときわキラキラ生き生きして楽しそうに見えるんですよね… 役が降りてくる瞬間と、伏せられた目元と台本を持つ手の美しさに毎度震える あと相変わらずめっちゃ眉毛動くな…
白井さん代永さん兼ね役枠続投ヤッターーーー!!!!妙にクオリティの高いヤギさん(知ってた)
終盤ずっと後ろでオフマイクでケンカ(アドリブ)する和泉兄弟 突然相撲が始まる 終了後ケンカの時何を話すかびっちり台本に書き込んでいたことを羽多野さんにバラされ真面目!!!!と言われる増田さん「一織なら理詰めで攻めるだろうから疑問形のセリフを5、6個書き出してました」

 

・シチュエーションボイス
羽多野さんMC ルール前回同様 例題で羽多野さんによる天
江口さんによる楽の時に白井さんによる雪男乱入(実は雪女) 羽多野さん本人実演時にも乱入 増田さん「白井さんはここでスタンバッててください(ガシィ」江口さん「昼よりクオリティ上がっててトラウマになる」白井さん「も〜〜そうやってみんな求めるから〜〜」←かわいい 雪女さんうちにも嫁ぎに来ませんか?(は?)
真面目に頑張ったのに最後の最後に噛み散らかし本人実演で増田さんに茶化され座り込んじゃう代永さん この時の123の並びがめちゃかわいかった
トリで自分の役が回ってくるという最高ハードルになってしまったことに気づかず三月回避を喜ぶ白井さん かわいい系統のキャラがどうしてもオネエになってしまう羽多野さん
突然始まる和泉兄弟ナナポリエチュード
ただの白井悠介による大和さんと本人実演で実質2回やらされる白井さん 何?めっちゃ白井担に優しい… 本人実演恥ずかしいのかはにかみながらはい!!!!!!!!(大声)って言ってそそくさと終わらせちゃうのかわいい〜〜〜〜ヤギさんとか雪男とか何の躊躇いもなくやるくせに〜〜〜〜〜〜

 

・ゲーム対決
白井さんMC こちらもルールほぼ前回同様 妨害工作がアリに 和泉兄弟vsチーム81
前回さとたくさんとていっ!ていっ!って言いながら音ゲーに苦戦してるのめっちゃ可愛かったから今回も参加して欲しかったけど今回のゆるぐだ実況も十二分に可愛かったので全くノー問題です 音ゲー苦手だもんね…ストーリーライブ難しいから増田さんに開けてもらってるんだもんね…かわいいね…
ゲームには不参加と言えど白井さんはワイプ芸の神様なので手元のカメラにはちゃんと映り込みます(?)
プレイ中江口さんにどうでもいい話を耳元で囁かれ続ける増田さん ご褒美のタコライスを代永さんにあーんしてもらうもスプーンを持ち手まで舐め「兄さんが触ったから…」って言う増田さん 羽多野さん「兄弟を拡大解釈しすぎ」ハンバーガーを代永さんに食べさせてもらい「お汁が…」って言う羽多野さん

 

・ライブ
無理ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(デスボ)
前回と同じ構成でやってくれてたから白井さんが次のコーナーの準備が整うまで〜って言った時点でついに次で私死ぬんや…ってわかってたけどさ〜〜〜〜〜〜大画面NO DOUBTはズルいじゃん…見入っちゃうじゃん…めっちゃかっこいいなRe:vale… でそうこうしてたら割と何の前触れもなく始まっちゃうじゃん…金属バットで後頭部からのガトリング砲って感じじゃん…蜂の巣じゃん…
振り付けが私の想像そのまま過ぎて秒で覚えられた でもやっぱり白井悠介さん動きが1人だけなんか…なんか違うんだよな…何だろうな…なんかひとつ余計っていうか…そこが好きだしもう逆に安心感を覚えるので全然いいんですけど… ライビュカメラが引きになって3人並んで映るたびにざわざわ笑いが起きたりするのもある種お約束のようになってきたけど、推し盲信オタクの私は「推しが精一杯歌って踊ってくれてんのに何笑ってんだよお前ら」とちょっとだけ思ってしまう
動きがあまりに激しいのか、少々なで肩なのか、両方なのかは知りませんが1人だけパーカーがずって脱げかけてたのもかわいかったです 余談ですが前がチャックで開くタイプのパーカーを羽織りとして着てるとこ意外と見ないですよね。シャツとかカーディガンとかジャケットとかトレーナー的な感じのパーカーならよく見るけど レッツ&ゴーの黒のやつくらい?あれも前全閉めで着てたけど
それだけ動いてても歌は相変わらず安定してるな〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!もうなんか記憶があやふやなのでフワッとした感想しか出てこなくなってきたけど全体的に音源版より今回のライブの方が好みな歌い方になっていた気が!!!!する!!!!ていうかSakura Message聴いて確信したけどここしばらくで単純に歌唱力が向上したのに加えて二階堂大和としての歌い分けが確実に上達してるんだよな…2部あたりの曲では時々ちょっと声が出しづらそうに聴こえていたのが気になっていたのでそれが3部でフッと無くなってまっすぐ声が飛ぶようになった気がします。



あとはもう防衛部オルスタ円盤ダイジェストでも白目剥いてひっくり返ってたけどカメラ目線スキルの向上が凄まじい!!!!もうこれでもかというくらい見つけて瞳で追っかけてくる!!!!死ぬ!!!!大画面の自担のウインク!!!!カーーーーーーー!!!!!!!!(泡を吹く)
ちょっとどうしちゃったのどこでそんなの覚えてきたの完全にアイドルになっちゃったじゃないの…って震えてたら間奏チューチュートレインで顔が見えた瞬間眼鏡を押し上げたのを見てそうだわ…相手はただのアイドルじゃなかったわ…二階堂大和だったわ…ってなってそれ以降の記憶が完全に消し飛びましたね 照明が少し落ちた中眼鏡に反射した光で浮かび上がる世界の果てまで美しい手指の輪郭が大層艶っぽくてオタクは大変興奮しました。(オブラートの限界)
他コンテンツでも激しく歌って踊ってされているとは言え、イベントも終盤だし衣装暑そうだしお疲れだろうに終始め〜〜〜〜〜〜〜〜ちゃくちゃ楽しそうでキラキラニコニコしてたのがなんだかこちらも嬉しかったです。本当に楽しみにしてくれてたんだな〜〜本当に二階堂大和のこと好きなんだな〜〜って。推しが楽しくお仕事してくれる姿を拝めるのはやっぱりオタク冥利に尽きる。

 

・告知とエンディング
増田さんMC
アニメ1月からとか早くない!?!?天下の生き急ぎコンテンツアイドリッシュセブン… 絶対円盤1巻に3周年記念に合わせて夏にやるライブの最速先行シリアル付けるやつじゃんwwwwwって言いながら帰ってきてふとカレンダー見たら2018年7月7日アイナナの日は土曜日で配信開始日の8月20日は前日が土日なんですね…ハハハ…
えっ本当に白井さんの最後の挨拶以外びっくりするくらい記憶がない ので他は割愛します
前乗りしてキャスト全員白井さんの部屋に勝手に集まって2、3時間駄弁ってたんだとか。めっちゃ仲良しじゃん…そういう話大好き… 部屋の主本人は本当にみんな集まるとは思っても見ず部屋番号はおろか階すらなかなか教えてくれなかったそうで…めっちゃわかる〜〜めっちゃぽい〜〜めっちゃ人付き合いする気ないやん〜〜
そして、二階堂大和役はオーディションではなくオファーで決まった話。以前阿部敦さんだったかな?がアイナナはボイサン聴いて貰ってオファー来たみたいな話をされていたので、キャラクターによってキャスティング方法変えたりすることも無いだろうしうすうすそうなんだろうな〜〜という気はしていたけど改めてご本人の声で明言されるとやっぱりなかなか衝撃。調べたらキャスト発表が2015年6月10日で歌入ったMVもそれと同時に公開されていたので遅くとも同年冬〜春あたりにはオファー来てたはずなんですよね。2015年冬って言ったらやっと防衛部1期が放送始まった頃ですからまだまだ白井悠介の名が広く知られていたとは言い難いんじゃないでしょうか。そりゃ各所のインタビューでびっくりしたって言うよね。始めの記事にも書いたんですけど、事実私もアイナナ始めた当初は白井さんだけ名前すら存じ上げてなかったので… そんな本人のお言葉を借りるならば"ひよっこ声優"もいいとこであった彼を見つけ出して、あの錚々たるメンツに放り込む英断を下してくれたキャスティング担当の方には本当に本当に感謝しか無い…
それにオーディションで勝ち取った役ももちろんキャストさんの役作りや努力の成果だと思うからとっても素晴らしいと思うしそれが推しなら尚のこと私も嬉しいけど、オファーだとなんだか推しの声と演技はオンリーワンの存在だって認められて、そのキャラクター自身に選ばれたような気がしてそれはそれで嬉しいですよね。最近は若手は特に明らかに特定層を狙ったと思われるキャスティングも多いから一概にそうとは言えない時もあるけど
だから白井さんを光のたくさん当たるところまで、私が見つけられるところまで二階堂大和さんは連れて来てくれたし、白井さんは大和さんと一緒に、2人でステージに立ってるみたいで。先日の防衛部舞台挨拶の時にもツイートしたけど白井さんは自分の演じるキャラクターとの距離感がとても理想的なんですよね。キャラクターになりきり過ぎるとやれ媚びだ私物化だと叩かれ、逆に言及しなさ過ぎても愛がないとこれまた叩かれる微妙な立ち位置にもかかわらず、常にキャラクターと肩組んで、横並びで、対等な立場でいてくれる。だからストーリー3部後の大和には「よく頑張ったな」「お疲れ様」って声かけてあげたいって言ってくれる。
そんな白井さんのキャラクターも人間も上にも下にも見ない素敵な人柄はファン、今作で言うなればマネージャーに対してもすっごくよく表れていて、「これからもアイナナを盛り上げて"いきましょう"」って言ってくれるのが本当に本当にめちゃくちゃ嬉しい。設定こそプレイヤーがマネージャーとしてアイドルを間近で応援することにはなっているにせよ、どうしてもプレイヤーは受動的になってしまっているように感じている節があって、事実2年経ってようやくリアルイベントが開催されて、一番私たちとは遠くにいたようだったキャストさん達が、私たちと共に作品を作り上げてきたことを意識してくれていて、これからもそうしてくれるのだと目の前で宣言してくれて。こんなに頼もしいことはありません。
んで白井さんが挨拶してる時だけライビュのカメラアングルが斜め横からになっててめちゃくちゃにエモかった…ほかの人普通に正面から抜いてたのになんで白井さんだけそういうことする…???? 単純に横顔が美しいというのに熱のこもったまっすぐでうるうるきらきらした瞳でそんなこと言われたらさぁ…泣くやん… あとこういう真面目なコメント聞くたびに白井さんの素朴で明確で実直な言葉選びが大好きだなぁと思います。私がバカなばっかりにイベント終わるまで正確に覚えていられないのが本当に申し訳ないのですが…早く円盤出してくれ
エンディングでパーカーかぶってツノ持ってアピールしてたのとその後またパーカー脱いじゃってせっかく大和さんとお揃いにセットして貰った髪型がちょっとぺしゃんってなってたの詰めが甘くてかわいかったです。捌ける直前の「グッナ〜〜イ!!(ふにゃふにゃ)(でもいい声)」もありがとうございました

 

 

 

白井さんの話ばっかりになってしまった 二階堂担としては3部序盤でいつの間にか滅多打ちに遭って死んでたって感じなのでアニメで自担が動こうが喋ろうがもう怖くも何ともないですね!!!!嘘です!!!!PVに映った瞬間ギャーーーーーーー!!!!!!!!って言いました!!!!
ゲームのシナリオ割とそのままやってくれるっぽいしテレビの大画面で動く自担が毎週見られるようになるのは精神が保つ気がしませんが楽しみだし、白井さんに来年までアニメの仕事が決まってるのが嬉しいですね!放送始まった頃には32歳のお誕生日ですね。このブログも開設して1年かぁ…今年は何書こうかな。

応援スタンスなるもの

お久しぶりです!
Twitterに慣れすぎていっぱいの文章を1回のアウトプットにまとめる能力が著しく落ちていたことが判明し、イベレポとか書いちゃ消し書いちゃ消ししてたら前回更新から半年近く経っていました。びっくり。
スターや読者登録の方して頂いた方、ありがとうございます…!!どこから見つけてくださったんだろう… これからはもうちょっと頑張っていっぱい書きます。よろしくお願いします。下記のTwitterの方によくいるのでこちらも良かったらフォローお願いします…

 

 

好きが高じて気が狂ったり病んだり乱高下だったオタク的モチベもちょっとだけ落ち着き、初心を思い出したので改めて自己紹介を兼ねて応援スタンス記事に便乗させて頂こうと思います。

 

http://ayutkhs16.hatenablog.com/entry/2016/08/09/221742

 

声優オタさんの記事だとこちらが元祖のようですのでこちら参考にさせて頂きました。ほかの声優オタさんの記事や別ジャンルオタさんの記事も読ませて頂いてるのですが、人それぞれでめちゃくちゃ面白いですね!!!!

 

 

◯基本情報
現在理由あって浪人生兼フリーターです!ほぼニート
落ち着いたらまた詳しく書きます多分

関西に住んでいます。お金がないので関東への移動は大体夜行バスになってしまいますが、家と最寄りがめちゃくちゃ近くて都市部に電車1本で出られるので便利な方かなと。実家出たいけど出たくねえ〜〜

 


推し
白井悠介さんです。詳しくは前回記事を読んでください。
推してるとまではいかずとも好きな声優さんは他にもいっぱいいます。DDなので

2次元で今推しと呼べるほど抜きん出て好きなのはアイドリッシュセブン二階堂大和さん、ドリフェス!佐々木純哉くん、帝一の國東郷菊馬くんあたりでしょうか。すでに多いけど他にも好きな作品も好きなキャラもいっぱいいるし箱推しの作品もいっぱいあるし推しの声帯ついてる子は大体好きになってしまう…

 


◯好きになる基準
まず声に惹かれなきゃ始まりませんよね!中低音って推しが自分で言ってたので多分私も中低音が好きです。高すぎず低すぎず。ハスキーな声や涼やかで透明感のある声よりは、張りのあるよく通る声の方が好きなんじゃないかと自分では思っています。

それから演技。自らの声の特徴を前面に押し出すべきか、己を消して役と作品に完全に融け込ませるべきかは声優さんと声オタの永遠の問いだと思うのですが、現推し、めちゃくちゃ私の理想のバランス…!!ちょっと後者寄りかなぁ。ひと言であっ白井さんだ!ってわかるけど、声質は同じでも役によって纏う雰囲気が全く変わってしまうんです。や、役者さんだ…(当たり前)
昨年秋にMCとして出演されていた「アニメマシテ」でのインタビューでは、将来なりたい声優像を聞かれ「騙せる声優」と答えていらっしゃいました。そ、それだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
私が声優さんに求めていたものそのまんま過ぎて多分見ながら泣いてました。めちゃくちゃ嬉しかった。だってこの世に星の数ほどいる声優さんの中で私が好きになったただ1人が、私の欲しているものを与えてくれると明言してくれたんですよ。自らの声で。もうこれは運命じゃないですか?(?)
好きに正解も不正解も無いとは思うけど、この時ばかりはこの人を好きになったのは間違ってなかったんだなぁと少しだけ報われたような気持ちになりました。

めっちゃ話脱線したわ あと前回記事でだいぶ書いたけど人柄。よく声と演技が好きだから人柄は別にどうでもいいみたいな意見も見るしわからなくもないけど私は人柄が良くないと推しにまではなり得ないかな… 売れても歳を取っても気取らずに何でもやろうとしてしまうハングリー精神旺盛な人が好きです。

あとビジュアル〜〜!!!!意識してるつもりは無かったんだけどどタイプ〜〜!!!!オタクを隠す気がさらさら無いので知人に写真を見せて回っては妖精さんみたい!とか爆イケ!神様!とか言ってるんですけどだいたい皆防衛部の写真見せると推しの隣の隣くらいを指して「この人かっこいい!」って言うのでクッソ!!!!クッソ!!!!って感じです。そうだね。梅ちゃんはイケメンだね。作画ムラがデカいせいもあって本当に世間一般の感覚がわかんないんですけどえっ白井悠介さんはイケメンですよね????

キャラは最近統一感がまるで無くなってきたので一概にこういう属性の子!っていうのはわからないけど昔友人に「闇の深い眼鏡が好き」って言われました。どう考えても二階堂大和のせい

 


◯雑誌を買う基準
単独特集は全部買ってるはず。何せ顔ファンなので撮りおろしとか言われると無条件で買ってしまう。あとはお財布と応相談で好きな作品が表紙のやつとかをぼちぼち アイナナか防衛部が表紙のやつはよく買ってる

 


◯映像を買う基準
悩んで買えてないのいっぱいある…アニメ作品のはイベチケ特典目当てでしか買ったことない。イベントとかライブとかの映像が好きです。ただリアル宝探しとか人狼バトルとかああいうのはどういう感じなんだろう…推し出てても出演人数多かったら実質見るところ知れてる気がして…関係ないけど推し人狼めちゃくちゃ下手そうだな…()

CDの方がよく買ってます。全年齢シチュCD、BLCD、18推シチュCD処女は全部現推し(とそのご友人)に捧げました。シチュCD系前まで苦手だったんですけど推しの声の演技をただひたすら純粋に堪能できていいですよね。
あと推しの歌声が大好きなのでキャラソンもだいたい買ってます。圧倒的にアイドルコンテンツが多いよね。二階堂大和ソロ曲を心待ちにしています。
そしてついに本人名義でCDが出たぞ!!!!作詞もしてるぞ!!!!Colorsマジでマジで世紀の名盤なので買ってください

https://youtu.be/c5FaXNh8OA0

 


◯現場、遠征に行く基準
現場に行こうと思ったらだいたい遠征になるので行けてない現場の方が圧倒的に多いです。在宅。そもそもほぼ週一ペースで現場があるのがおかしい(逆ギレ)
関西の現場やLVであれば行ける限り行ってます!今年なんかめちゃくちゃ大阪来るね!?!?ただでさえお忙しいというのにわざわざ新幹線乗ってこんな治安がゴミみたいなところに何回も来てもらってごめんな…私が石油王だったら自家用ジェットで迎えに行くのに…っていうかもうそうなったらこっちから行くわ…
遠征は本当にたまにです。接近しんどいとか言いつつ行く。ハイリスクハイリターン…

 


◯グッズ、写真を買う基準
何せ顔ファンなので(2回目)、ブロマイド好きです。ていうか雑誌然り紙に印刷されてる推しが好きなんだわ 手帳に全部挟むからパンパンになってます。実写の缶バッジとかもあるけどあれはう〜〜〜〜ん(笑)作画がなぁ…
あと声優さんのデフォルメイラストのグッズはものによるけどかわいい!と思うイラストにあんまり出会ったことがないから買ったことまだない。わざわざイラストにせんでも現物の推しが一番かわいいので…と思ってしまう

キャラグッズ集め出したらキリないのわかってるので極力手を出さないようにしてるけど、イベ限とかくじとか理性がパーンしてよく買ってしまう

 


◯プレゼント、手紙
プレゼントはご本人が「自己満足」とバッサリ仰られてるので滅多にあげません。まことにその通りだと思います。あげてもお菓子とか、できるだけ消耗品にする。
プレボあるイベントの時はお手紙は書くようにしてます。ギリギリでいつも生きていたいので毎回当日朝一発書きとかになります!デンジャラス!
内容は出演作品や前回行ったイベントの感想とか、新しく決まったお仕事の話とか。人によって違うだろうし推しはどうだか知らないんだけど、ファンレターってファンの人からの純粋な頑張ってください!ってメッセージを受け取りたい時に読むものだと私は思っているからどうしても全肯定褒め褒めマシーンと化してしまう…
あとブログも結構そうなんだけどどうしても私は書き言葉が堅苦しくなりがちなので、説教がましくならないように気をつけています。あと字汚いのも直したい そうやって中身のないことをダラダラ書いて便箋3〜5枚くらいでしょうか。私は手紙も自己満足の世界だと思っているのでいつも読まずに捨ててくれ!と思いながら書いてます。迷惑なオタクだな

 


◯普段の行動
Twitter通知つけて、出演情報や日常ツイートは勿論知り合いへのリプライまで全ツイートにRTいいね欠かしたことないです。RTしたツイートもいいねはしてます。ストーカーかな?
垢分けができず公開垢が上記1つだけなのでそこからリプライも送ります。気が向いた時だけ。リプ垢作ろっかな〜と思わなくもないけどリプまあまあちゃんと読んでるっぽいし多少どういう人間が送って来てるのかオープンな方がいいかなって思って…あんまり見つかって欲しくないツイートばっかりしてるんですけどどうせ向こうはエゴサ声優(っょぃ)なので…

 


◯同担
これね〜よく揉めるやつね〜〜
私は拒否でも歓迎でもないです。仲良くして頂いてる同担のフォロワーさんいっぱいいるしイベントで出会い厨するの好きだし、気の合う人となら喜んで仲良くなりたいけど、合わないっていうかゴミみたいなオタクがいっぱいいるからな…(言いやがった!)
現場も行けばだいたい誰かいるし、友達がいないので最悪1人でも全然大丈夫だし、何なら最近は母が某声優アーティストにハマったのでお互いの現場に付き合うし…(笑)そこはあんまり気にしません。
でも自分より可愛くて強いオタクを見かければ多少は凹むし、抽選のサインとかチェキとか当ててる人見つけて凹むし、接近の対応他と比べて凹むし、ときどき本人のツイートにいいねが5桁とかつくとウワッと思ってしまう… 好きなフォロワーさんにはそんなに思わないけど、RTで回ってきちゃったりとか検索で見つけちゃったりとかでよく鬱になってる… 別にガチ恋なわけじゃなくて私の他人へのコンプレックスが元々強すぎるだけなので… 何気に一番つらいのがラジオのメール。なんで嫌いな奴ばっかり読まれるんだよ…推しの愛しい美しい声で嫌いな奴の名前が呼ばれるの本当無理〜〜!!!!ラジオをそもそも聴かない以外避ける方法無いし!!!!

う〜〜んでもでも推しのこういうところいいよね!好き!って言い合うのめちゃめちゃめちゃめちゃ大好きなので付き合ってくださるオタク友達は切実に求めてます!!!!友達なってください!!!!説得力のかけらもない!!!!

 


◯まとめ
金払いの悪い嫌なオタクだな…これでも一応自分なりに推しに還元しようと頑張っている方なんです…まあ無理して潰れるよりは細く長くオタク続けていきたいので、せめて善良な、推しにできるだけ迷惑をかけない負担のないオタクでいようとは意識しています。はてなブログ書いたりTwitterで長文壁打ちしてる時点で既にダメな気もしなくもないですけど。


落ち込んだりもしたけれど、推しのおかげで私は元気です!推しも元気に楽しくお仕事して、美味しいものいっぱい食べて健やかに過ごしてくれてたらいいなあ。

皆さんも無理せず楽しくオタクしましょうね〜〜!!!!

白井悠介さん31回目のお誕生日おめでとうございます

はじめまして。ジャニオタさんとか若手俳優オタさんのはてなブログを読むのがめちゃくちゃ好きだったので自分も始めてみました。声優オタさんのブログももっと増えればいいのに…手探りながら推しの話とか自分の話とかいろいろ出来たらと思います。よろしくお願いします。タイトルは仮で美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!10話より拝借。いずれ変えるかも

 

というわけで白井悠介さん31歳のお誕生日まことにおめでとうございます〜〜!!!!ヒューヒュー!!!!この記事あとでTwitterにもあげると思うしエゴサかけたらどっかで引っかかるでしょ!!!!白井さん見てる〜〜!?!?(?)

 私が白井さんを好きになってから白井さんの誕生日を迎えるのはこれで2回目なんですけど、去年のツイート漁ったら年末見た舞台を延々引きずっとるわ体調崩してるわ買い替えたばかりのiPhone6sが不良品で死んでたわでろくに何も出来ずに終わってたみたいなので今年は去年の分まで盛大にお祝いしたいですね。

 

私が白井さんのお名前を初めて見たのは2015年秋頃、友人に執拗にアプリゲーム「アイドリッシュセブン」を勧められていた時でした。ぼちぼちやっていたアイチュウを容量の関係で消し(後に白井さん目当てで出戻りする)、ソシャゲはスクフェス一本でやっていくんだいと言って聞かない私でしたが、「まあまあまずはこの中だったら誰が推しになりそうかだけでも教えてよ」と7人のキャラビジュアルと担当声優の名前が並んだ画像を突きつけられてしまいました。なんとまあ豪華な声優陣たち。…の中、たった1人だけ全く見覚えの無い名前が。「白井悠介」…?白石稔さんなら知ってるけど… キャラは悪くないなぁ、メガネ好きだし。でもキャストで選ぶならえぐかな〜〜??とかそんな感じのリアクションだったと思います。そしてあれよあれよと言う間にインストール。これが全ての始まりだとは知らずにーーー(?)

初期選択のSRは周りに逢坂担が多かったせいでそーちゃんでした。もともと音ゲー好きだし、ストーリー面白いし、これならやっていけそうだな〜〜と思っていたその時

 

f:id:flection_Re:20161227022603p:image

f:id:flection_Re:20161227023037p:image

f:id:flection_Re:20161227023043p:imagef:id:flection_Re:20161227023808p:imagef:id:flection_Re:20161227023058p:image

 

落ちた。ここで完全に落ちた。ていうかほとんどの二階堂担ここで落ちたんじゃない??まずメガネ×スーツのビジュアルが強い。しかも普段はキラキラ衣装のアイドルやってる人間の滅多に見れないスーツ。そしてメンバーの前では見せないリーダーらしい真面目な顔。褒められるのは苦手な不器用なところ。このシーンに二階堂大和の魅力が詰まりすぎている…最後2枚のセリフは乙女ゲーの個別ルートかよ…

このシーンをきっかけに二階堂担を自称するようになり、二階堂大和にばかり注視するようになっていきました。そうして程なくして抱いた感想が「中の人すごくない…?」 二階堂大和の飄々としたキャラクターによく似合う、絶妙なトーンの落ち着いた、でも少し癖のある声。演技派アイドルの設定に見劣り(聴き劣り?)しない自然な声の演技。ちゃんとキャラクターの声なのに安定感のある歌声。なんで私はこんなすごい人のことを全く知らなかったの!?!?白井悠介とは一体何者なの!?!?居ても立っても居られず、白井悠介の名をすぐさまGoogle検索にかけました。

 

まず衝撃だったのは年齢。完全に24、5のド若手だと思い込んでいたので29歳(当時)と知ってまあびっくり。遅咲きの方なんだなぁ。次に年齢をも超える衝撃だったのは画像一覧。1、2枚目くらいまでは良しとしよう。イケメン声優と呼ばれていてもおかしくはないのでは?って感じ。問題はその後に出てくる変顔の嵐。「は?」と思う人は実際にググってください。白井さんのプライドと肖像権のアレ的なアレ()を守るためにスクショは載せませんので…

この瞬間、「この人は何をそんなに生き急いでいるのだろう…」と思いました。 今でもよく思うけど。同時にただただ純粋に「この人のことをもっと知ってみたいなぁ」とも思いました。「知りたい」と思うことはもうイコール「好き」だよね…好きの反対は嫌いではなく無関心とも言うし。だから多分この時点でもう好きだったんだと思います。「知りたい」と思えるほどの惹きつけられる何かがあったんだろうなぁ。今でも私の白井さんへの「好き」の根っこはきっとその何かなんだと思います。

そこで調べていくとたどり着いたのは「美男高校地球防衛部LOVE!」という作品。そしてこの作品のメインキャストを務める5人の若手声優が出演するニコニコ生放送「バトルナマァーズ」。今でこそ晴れてメスゴリラに仲間入りした私ですが当時の防衛部への認識は「なんか若手声優が売れねえからってしょうもねえことやってんな〜〜近寄らんとこ…」でした。いや〜〜偏見って本当良くないですね!!!!ちょうどアニメ1期が放送されていた2015年冬頃は私生活に追われオタクから足を洗おうとすらしていた時期だったこともあり、Twitterでちらほらと若手声優をメインに据え置いて男版プリキュアみたいな頭のおかしいアニメをやる〜〜とかいう情報を見かけていたくらいなのでほぼ何も知らないまま避けて通るようになってしまっていたのでした。まさかここで相見えることになるとは… しかし見てみるとこれが神アニメ。っていうかオタクデビューが銀魂の女なんだから監督高松信司の時点で好きにならないわけないでしょ…今タイムスリップが出来るならこの頃のキラキラJKになれたと勘違いして浮かれポンチの私を殴り倒して防衛部をリアタイ視聴させに行きます。とは言え、それでもまあ世間的にはクソアニメと揶揄されるようなくっだらない作品だし。でもそんな作品に全力でぶつかってきてくれるメインキャスト5人、特に白井さんを見ているうち、「応援してあげたい」と思うようになりました。TSUTAYAで1期を全巻借りて(店に無かったからわざわざ取り寄せた)一気見したのち、LOVE!LIVE!のDVDを購入、観賞。同時に過去に白井さんが出演されていたラジオを聴いたり、ファンの方のツイートを読んだり、単独特集の組まれていた雑誌(たしかパッシュ)を買ったり。そうしているうちに見えてきた人間性にもまた心をガッチリと掴まれ、あれよあれよという間に現在に至る…という感じです。だいぶ頑張って詳しめに書いたけどもう本当に"気づいたら好きになってた"の典型だったから具体的にどのタイミングで落ちたのか全く思い出せないしLOVE!LIVE!とかフォトブックとか買った時の記憶が一切無い…無心で手が勝手に買ってたのかな…

白井さんを好きになって1年強、何度白井さんに元気と驚きと癒しと笑顔をもらったか知れません。先述の通り特徴的で素敵なお声、多彩な演技と歌。ラジオや共演者さんのお話から垣間見える人となりの良さ。マイナスなことをあまり言わないし、人を見下したりあるいは過剰に媚びたりしているところは見たことない気がします。あと絶対お育ちもいいですよね。本人も仰ってたけど食べる時の所作がめっちゃお上品で美味しそう… グループなんかでは年長者ポジに付くことも多いのに、率先して全力で身体を張り、場を盛り上げようとしてくれるところ。全力が故に空回ってポンコツだなんて呼ばれてしまうところ。いつも100%は決まらなくてどこか抜けているところ。でもそれらも絶妙なバランス感覚で、自分がこの場においてどういう立ち位置にいるのかっていうのが客観的にわかってやっているような気がします。それからどんな無茶振りでもえげつない瞬発力で応えてしまう、サービス精神が旺盛なところ。いいところいっぱいあるのに褒められ下手なところ。自身が演じるキャラクターにさりげなく愛着を持っているところ。仕事への姿勢が謙虚かつ貪欲なところ。頑張ってるんです的な押し付けがましいアピールも無いのになんか「私が応援してあげないと…!」っていう気持ちにさせてくれるというか。なんて人たらし… 器用なのか不器用なのかよく分からないところ(笑)スポーツも絵も料理も出来てバルーンアート作れないって何…顔文字使いが独特で可愛いところ。インタビューとか手書き文字であろうが使っちゃうのとか、絵文字じゃなくて顔文字なところに30代みを感じて愛しい あとビジュアル。声オタとしてあるまじき発言なのは百も承知なんだけどめちゃくちゃ好き…アンダーリムとかノンフレームとかあんな特殊なフレームの眼鏡似合うのイケメンの特権だよ!!!!それから脚が長くて手が綺麗。本人が出たいって言ってるし顔出しのお仕事も待ってるよ〜〜!!

そして、実はめっっっちゃくちゃ真面目で努力家なところ。高校卒業後すぐ上京したのにデビューは25歳。その間専門学校に二度も通ったり、養成所の査定で落とされたり、俳優業に転向を試みてもやっぱり声優になることを諦められなかったり… 本人は各所ですごいサラッとお話しされますけど並大抵のことではないですよね。「1万人で300脚の椅子を奪い合っている」などと言われている過酷な業界ですから、今までに凄まじい努力の積み重ねがあったことは想像に難くありません。それでも、そんな苦労をものともしないような、仕事が楽しくて仕方がないとでも言っているみたいなキラキラ輝く姿。声優という仕事に溢れんばかりの情熱を持ち続け、「アニメの主役をやる」と堂々と言えてしまうところ。そんな貴方が大好きです。人としてとっても尊敬しています。声優になってくれて、声優としてあり続けてくれてありがとうございます。本当に好きなものはいつも一度素通りしないと気づけない私が、貴方を見つけるまでそこに居てくれてありがとうございます。ささやかながら、これからも応援させて頂きます。させてください!!!!

31歳になられた白井さんが、これまで以上にもっともっとキラキラ輝けますように。